日本人には、あまり馴染みがなく、頭を悩ませる人が多いのがチップではないでしょうか? アメリカでは、ウェイター/ウェイトレス、美容師、タクシー運転手など、基本給が少なくチップがそのまま収入につながる職業が割と多いのも理解しておきたいところです。

さてそれでは、どの職業の人にどれくらいのチップを渡せばいいのか、一般的な例をあげてみました。

<レストラン>
  • カジュアルなお店 ランチ、ディナー共に伝票の金額の15%~20%
  • 高級なレストラン 20%以上
  • バーやクラブの場合
    • 飲み物をサービスされるたびに精算する場合は、1杯$1が基本
    • 飲み物を頼むと伝票に記録される場合は、伝票金額の15%~20%
  • バフェ 5%~10%
  • 6名以上で食事をした場合はGRATUITYとして18〜20%料金に上乗せされてることがありますので、 注意して請求書を見てください。その場合はチップは不要です。(レストランによって人数や上乗せの%は異なります)
  •