普段はエンジンを切ったらすぐ鍵を手に持って車外へ出るのに… 荷物が多いから、子供が騒ぐから、ボーっとしていて、インロック(アメリカではインロックは通じません。Locked outです)してしまった! 誰にでもある経験ではないでしょうか? 

さて、そんな時、アメリカではどうすれば 良いのでしょうか? 昼間に近所でやってしまうのと、夜遅く都心でしてしまうのでは 焦り方も違います。 真夏に車内に小さな子供を残してインロックしてしまったら最悪です。 さぁ、こんな場合、どんな対処方法があるのか考えてみましょう。

日本ではあたりまえにしている行為なのに、アメリカでは非常識。 アメリカ人はあたりまえにしていることなのに、日本から来たばかりで知らなかった、そんな事柄は、車を運転する上でもたくさんあります。  これからここで書くのは、日本ではベテラン・ドライバーと自負していた人でも、アメリカでの運転は若葉マークと思い知らされたという経験のいくつかです。

右折レーンで赤信号を待っていたら…
後ろの車にクラクションを鳴らされたことがありました。 右へ曲がろうと、シグナルを出して右折レーンにいたため、「とっとと曲がれ」と催促されたのです。 アメリカでは、赤信号でも右折OKです。左方向を確認し車が来ていなければ、気をつけて右折して下さい。 ただし、場所によっては「右折禁止」のサインが掲げられていることがありますので、注意が必要です。

車でいっぱいの駐車場、好都合にも良い場所がぽっかりと開いている。青い線で囲まれているけど、気にせず駐車したら?

できれば知らないでいいことですが、もし事故に遭った時の為に、自分の保険の内容と事故処理のプロセス、そして保険金の支払いなどについて知っておきましょう。

  1. プロセス:準備すべきこと
    • 自分の運転する車のグローブボックスに自動車保険のインフォメーション(ポリシーのコピー)を入れておくこと。保険会社では事故処理の手引きとして事故現場の略図などが書き込める事故記録表を提供している所もあるのでそれを活用しましょう。